アートとシンプルライフ

アート好きな30代独身女のゆったりマイペースなシンプルライフをつづっています。

雨の日の楽しみ方

 

 洋服なんかは色や柄を合わせるし、ご飯だってこの味に合うお酒を探すのに天気に合わせる何かを考えたことがなかったなっとふと思ったんです。

 

長らく生きてきて、うっかり気が付かず時間を過ごしておりました。

 

 そこで、雨の日に合うモノ探しをしようと思ったんです。

 

しとしとと雨の音が聞こえてくるぐらいの雨量の日に向けて…。

 

まずは部屋の電気をオフにして、雨の日の光を感じたいですね。

 

雨に濡れて帰ってきて、水分を含んでずっしりと重くなった衣類はとっとと脱ぎ捨てて、コットンの気持ちい服に着替えて、タオルケットにくるまってもふもふするのもいいかもしれません。

 

音楽は、極小さい音量で優しく響く位が丁度いい。

 

ショパンの雨だれやノックターンの2番位の静かでロマンチックで、曇り空から透ける薄暗い光くらいには明るさを含んだ音楽がぴったりだと思うんです。

 

個人的にピアノの音が好きだし、なんだか言葉を聴きたくない日もあるので、クラシックが合うのではないかというのが選考理由であります。

 

香りは、どんなものがいいでしょうか。

 

湿気に合う少し草っぽい植物っぽい香りが合いそうです。

 

古い本の香りもいいかもしれません。

 

いやいや、香りはフレグランスじゃなくて 飲み物で感じたいかも。

 

だったら何がいいだろうか…。

 

さっぱりしたかったらミントティーがいいかもしれないし、優しい気分になれる花のお茶も合いそうです。

 

もっとふわふわしたかったら、昼間からサングリアのような柑橘系の香りのするお酒もいい。

 

大人になるとちょっと自堕落になるのも悪くはない気がするのです。

 

それで、何もしない。

 

ゴロゴロと横になったり、色んな事に思いを馳せたりして楽しみたい。

 

子供の頃はぼーっとして過ごせていたのに、大人になると何もしないのが勿体無い気がしてせっかちになりがちなので 雨の日位 勿体無いぐらいの贅沢な時間を味わってもいいのかもしれません。

 

好きなモノを合わせていけば、雨の日のお家時間も悪くない。

 

自分だけの小さな楽しみ探しは、ただただ楽しいですね。