アートとシンプルライフ

アート好きな30代独身女のゆったりマイペースなシンプルライフをつづっています。

名前の付け方について思う事。

 人生年を重ねてくると かってに命名されたあだ名がいくつもあったりします。

 

ざっと数えてみても10個くらいはあったりします。

 

最近の子供たちは、いじめ防止のためにあだ名で呼んではいけないらしいです。

 

私の人生なんなんだ!とツッコみたくなる理由ではあります。

 

まぁ しかし あだ名がこれだけ幾つもある理由もわかるんです。

 

苗字も下の名前も極めてよくある平凡な名前なので仕方ないのかもしれません。

 

また、字画がいいのか似た名前の人も多いです。

 

友人にも凄い普通の名前だねって言われた事があるので間違いなく平凡です。

 

同姓同名の方にも出会う確率は多い方ではないでしょうか。

 

なので、姓名判断は全く信じておりません。

 

マダムだったり、日によく焼けたスポーツウーマンだったりして全く同じ性格に見えなかったので…。

 

因みに私の名前の由来は、元々父親が男の子が欲しかったのに女の子しか生まれなかったので、仕方なく 姉は母親の名前から1文字とって、私は父親の名前から1文字とって付けられたのです。

 

しかし、父方の祖父が名前の漢字が男らしいからという理由で漢字を変えて付けられた名前です。

 

 ですが、こうも似た名前が多いと郵便物が間違えて届くのである時 母に

 

「なんで、こんなに適当に名前を付けたの?」と尋ねたところ

 

「お母さんの子供の頃は、近所に同じ名前がいなかったら良かったの。その子だとわかればいいから。同じ名前が近所にいないでしょ。」

 

と言われ それも一理あるななんて思ってしまいました。

 

(母のこういう確信をつくような解答をするところは、意外と好きだったりもします。)

 

昔はややこしいなと思っていた名前ですが、インターネットが発達して検索すればすぐに名前が出てくる世の中になって 検索しても自分にたどり着つのが難しいと気がついてからは 親に感謝しています。(そんなに易々と個人情報にたどり着いてほしくないので歓喜!)

 

 そんなわけで、世の中の人は 私の顔と名前があっていないと思うのか 平気で本名ではない 一見するとあだ名にも思えない名前で呼んでくることがあります。

 

最初は「名前が違います。」と否定するのですが、人間 1度間違えて覚えると修正するのが難しい性質を持っているらしく ずっと本当の名前のようなあだ名で呼ばれるので、まぁ私とわかればいいかってそのまま呼ばれるようになりました。

 

それが1回2回じゃないので、5個くらいは 本名に間違えられる名前で特定の人たちからは呼ばれるようになりました。

 

面白くていいですが、よっぽど顔と名前が合っていないのかもしれません。

 

というわけで、人によって呼ばれる名前は違いますが決して偽名を使っているわけではありませんので、あしからず…。

 

因みにミュウというあだ名は、人生で一番最初に付けられたあだ名です。