アートとシンプルライフ

アート好きな30代独身女のゆったりマイペースなシンプルライフをつづっています。

お金のかからないお楽しみリスト10

IMG_0850

 生まれてこのかた 暇だった記憶がありません。

1人遊びが得意なのかもしれません。

妹には、「自分の体力を見誤るから疲れるんだよ 。」と注意される始末です。

何事もほどほどがいいのかもしれません。

が…。

が…。しかし。

やっぱり 空いた時間は色々楽しみたい!

欲張りになりたい!

そんなわけで、ちょっとしたお遊びリストを作ってみたいと思います。

IMG_0863

1、近所の建築物を見る。 

草と木の 世界から、街中に引越しをしたら外観がお洒落な建築物が多くてみていて楽しいです。

建物だけじゃなくて植木などの植物との関係性を眺めているとその家の人の考えかたが見えてくるようで面白いです。

不審者に見えない程度に散策しております。

2、お土産物を探す。 

急に必要になったからといってすぐにあげたいものが見つかるわけではないもの。

それがお土産だったりします。 

なので、買わなくても時々みて回って これ美味しそうとかこれ可愛いとか 好き好きポイントのある物を探したりします。

それで、頭の中にぼんやり記憶があると、いざ必要になった時にあの人コレ好きそうだなってすぐに買いに行けるのでいいです。

3、駅前などによくある謎の像を見る。 

ハチ公なんかが有名ですが、謎の像をよく見かけるので何だろコレ。って感じで見てしまいます。

ググればすぐに何かがわかる時代なので、 意外と面白いです。

美術館に収められている物だけが芸術でもないし。

自分なりにタイトルをつけて見てもいいし。

ちなみに池袋の西武方向にある像を映画「少林サッカー」を観た 後にみた時は、もう少林サッカーにしか見えませんでした。

どんな物でも俗物的な視点が入ると元もこもないところがあって可笑しいですね。


4、ポスティングされた広告の間取り図を見る。

 住宅販売の広告が入っていたら、捨てる前に必ず間取り図にツッコミを入れてしまいます。

2部屋を打ち抜いて広く使いたいなとか 水回りの導線を思案したり。

そんな私は、家を買う予定は全くないのですが…。

家って年齢や家族構成や体調なんかでだいぶ間取りが違ってくるので、考えるは楽しいですね。


5、行った事のない場所や道を歩く。

相反するようですが、日常的な事は決まっていた方がスムーズに動けると思う反面、マンネリ化したり鬱々としてくる事もあるので、そうゆう時は行った事のない場所や遠回りでも知らない道を通るだけでもリフレッシュできていいです。

ほぼ、気分転換。

6、DMやリーフレットを見る。

コロナ禍の影響か最近は無料の物を配布する所は減ってきていますが、時々素敵なリーフレットやDMがあったら持ち帰って眺めていい気分になります。

邪魔になるので、素敵な物だけしかもらいませんしいらなくなったら遠慮なく捨てれていいです。

下の写真の様に何故にコレを配布していたんだろうかと思う物もありますが、眺めて素敵なので…。

IMG_2136
 

7、よく晴れた日は窓の近くに寝転がって雲を眺める。

窓をピカピカにして なるべく視界に空だけが映る様にして寝転がると「天空の城 ラピュタ
にいる様な気がしてきます。

雲がゆったりと流れていくのを見ると気分までゆったりしてくるし、空に浮いている気分がしてきてお勧めです。

8、落書きをする。

無意味な言葉や絵をただ意味もなく描くって楽しい。

いつも描いているじゃないかと思われるかもしれませんが、多分多くの絵を描く人たちは何かしら感じたり考えたり自分の中だけの妙な圧を感じたりしながら描いていると思うんです。(個人の感想です。)

だから 無意味な事や馬鹿げた事って楽だし気分的に解放されていいです。

そして、みんな持っているハズな筆記用具1本と雑紙でも紙があればいいだけだから直ぐに遊べていい。


9、グーグルマップで水辺を探す。

 キラキラしたものが大好きなので、グーグルマップで水辺でを探しておいて 晴れた休日には水面のキラキラを堪能しています。

いつまでも眺めていられますね。

10、お楽しみリストを作る。

 時間が空いたらコレやろとか楽しみを考えている時間が既に楽しかったりします。

全部やれない位で少し多めに作っておくぐらいがいい。

頭の片隅にあると 時間ができた時ふと思い出してできるので。



こんな感じですかね。

折角の人生なのだから、自分の出来る範囲で目一杯楽しみたいのです。

他の人のお楽しみリストがあったら観てみたい気がします。

それでは、良い時間を…。