アートとシンプルライフ

アート好きな30代独身女のゆったりマイペースなシンプルライフをつづっています。

キラキラ顔彩

季節は冬に向かっていきますね。

お久しぶりの更新です。

冬と言えば、最もキラキラの消費が多い季節ではないでしょうか。

クリスマスに向けて、今年もキラキラ顔彩の出番です。

IMG_1818
 

最近は、呉竹フィス顔彩12色パレット 宝石箱をよく使用しています。

本来は絵手紙用の顔彩のようですが、掌に収まるサイズ感と持ち運び易いし厚さも薄いので場所を取らず気に入っています。

IMG_1820

 

 キラキラしていて、テンションが上がってしまいますね。

グリッターというより顔彩の粒子が細かくパールっぽい。

色によっては、顔彩特有の色の濃淡を感じやすいところもあります。

色の名前も宝石になっていて、ちょっぴり日本画気分が味わえますね。(※宝石は多分使われていない)

余談ですが、日本画の顔料は宝石を使われている事があります。

例えば、瑠璃色はラピスラズリ。珊瑚色はサンゴ。

一度、日本画を描いている知人の買い物について日本画材のお店に行ったのですが、サンゴの値段をみて目玉が飛び出るかと思うほど高級でした。(息するのも気を使いますね。ふーって顔料が空中に飛んで行ったら叫んでしまいそう…。)

日本画は高級なはずです。

IMG_1819
 



 話を戻しますが、パール顔彩は透明水彩よりは粒子が大きいので筆が擦れやすいです。

そこで、摩擦に強いナイロン筆を使用しています。

スケッチ用も兼ねているので、水筆を使う事が多いです。

キャップ付きで、毛先が変に形が変形したりしないところがいいところ。


クリスマスカードや年賀状などこれからの季節はキラキラさせる機会が多いのでお勧めですよ。

amzn.to